「なぜ」 安いのか? (本ページは、主にPC系ユーザのために記載してあります。)

 

自社設計・製造

◆「完全技術主導型」企業として、自社研究・開発部門を持ち、ハードウエアのシャーシ、回路、素材、金型設計・開発、ソフトウエア・ドライバの設計・開発を「自社&(協力なリンケージを持った)提携先」にて共同開発を行っています。
◆日本・台湾・アメリカ・中国の4カ国体制で設計を行い、日本・台湾・中国において、それぞれの得意分野に応じた製造を行っています。
◆逆に言えば、営業行為は一切行っていない為、「かゆい所」には手を届かせませんし、「届かせる能力」は持ちません。 その代わり、「性能・能力・機能・保証、そして低価格」を提供致します。

社内工場直送

御注文後即、100%業務が自社製造工場内に移行し、社内でも中間業務を減らす努力をしています。

Just On Time

完全受注生産を基本としています。また、一定の計画に従った独自「Just On Time」により、特徴的な仕入・生産・販売方法を導入しています。 当社はお客様への販売価格に、当社在庫リスクが転嫁されない様、可能な限り在庫をしていません。
よって、お急ぎの方へ販売する場合、特殊生産ラインを設ける事になり、価格は合理的に上昇します。

仕入ルートの分散化

業者、メーカにより得意な製品・部品は必ず存在し、時と共に流動します。当社では、仕入先を常に注視し、最新の動向を捉えています。
実の所、当社はPC事業が開始する何年も前から「IT Market Reserch」(IT市場コンサルティング)業務を行っており、当社の得意分野です。
同様に以前から海外取引も多く、その経緯から海外メーカ・ディーラ & 国内メーカ・ディーラと取引しています。

大量購入

可能な限り、同一部品を大量購入し価格を抑えています。但し、生産ラインを抑える事までは行いません。

大量購入&売切御免

つまり、当社製品は、売切れたら「オシマイ」です。(通常は大丈夫ですが、完売終了が前提と思って下さい。)

徹底したコスト意識

人的コスト・キャッシュフロー・回転率・在庫コスト・仕入コスト・金利レート・ロジスティックス・営業コスト・広告費、Time Loss、他全てにおいて、新しい概念を常に取り入れています。例:当社では、紙媒体のカタログは存在しません。(これは、本件理由の他に、開発スピードが速いため、カタログ作成が追い付かない事からでもあります。)

ファースト・リクエストはFAXで

ユーザに、予め問題点を順序立てて説明して頂く事が非常に重要であると当社は考えており、その為、最初のサポート依頼はFAXにて御願いしています。 これは、当社別事業のシステム設計・開発/コンサルティング業務から得られた当社の教訓です。 必ず双方に取りメリットとなります。

通常のPC御利用者にも親切に

当社価格には、他社の様に「パソコン初心者」及び「改造マニア」の方々に対してのサポート料金を販売価格に転嫁致しません。(通常の御利用をされる方は前者対応料金も支払っている事をご存知ですか?)
当社では、全てのお客様に平等に御利用頂ける様、不明点を聞かれる場合には、有料とさせて頂いております。パソコンスクールへ行き聞くべき内容、技術資料を書店で購入し調べるべき内容、添付マニュアルに書いてある内容を聞かれる場合、Windowsに関する知識を聞かれる場合にも有料とさせて頂きます。 但し、当社サポート品質は、優良です。

マニアの方も歓迎です。(ちょっとご注意)

@改造・改変など「電子機器をイジリタイ」と思われる方は保証を外しています。これは「販売しない」訳ではなく、お客様が「改造したい!」と思われれば、当社の保証範囲外である事を明確にし、その時点でお客様は全て自己責任により「楽しく遊び」そして「壊して」頂けるシステムにしています。 当然の事、通常に御利用されるお客様は、当社の保証が適用されます。
A足し算をして頂ければお分かりのように、当社で御購入された場合には、恐らくお客様御自身が独自に「部品単位」で購入するよりも当社から御購入された方が「価格が安い」ハズです。 当然の事ながら「組込み済」及び「動作検証済」です。 但し、厳密なモデル名、ロットNOを公開する事はできませんのでご注意ください。
B例えば、当社では、マザーボードベンダを公開していません(現在、全事業合わせ6社)が、十分にマザーボードを別途後購入される「金銭的余裕」ができます。
C但し、御質問にはお答えできません。仮にお答えする場合には、通常対応者では不可能な知識であるため、別事業「コンサルティング」部の範疇となりますので別途御見積となります。 十分にご注意ください。

※本ページ及び関連するページの一切に関して無許可の転載・リンクを禁じます。